檜枝岐温泉

 今回の南会津の旅でお世話になった福島県の檜枝岐温泉、
画像

東京からは240キロ程、車での高速道路利用で4時間程です、
尾瀬に入る福島県側の起点にもなる温泉地です、秘湯ブームで
檜枝岐温泉や近辺の木賊温泉、湯の花温泉等は賑わいを
見せましたが、ブームを終えれば静かな山間の温泉地
会津の長閑な道のバイクツーリングや尾瀬に入る時に、檜枝岐温泉
「ますや旅館」さんにお世話になる、もう十数回はお世話になっている、
部屋数は10部屋位、アットホームでリーズナブルなお宿、
画像

檜の湯処、会津桐の湯処の床、十和田石の露天風呂、贅沢な湯処は
いつ行っても、マイ風呂、、のんびり湯を楽しめる
画像

お料理は素朴な「山人料理」素朴ですが実に美味、ここでしか味わえない
地元のお料理、、岩魚の塩焼き、お刺身、裁ち蕎麦は実に美味
画像

お宿からは徒歩で数分、檜枝岐の農村歌舞伎の素朴な舞台、
石段の最上にはお宮、素朴な舞台と相まって、荘厳な趣に、
何度もカメラを向けた、
画像

舞台に向かう参道の途中にユーモラスな石仏様「橋場のばんば」
縁切りと縁結びの神様、、鋏とお椀が数えきれないほど、奉納されている、
ちなみに、縁切りを望む方は切れる鋏を、良縁を望む方は切れない鋏を
納める、、お椀については、、私は知りません、、
画像

更に歩く事数分、六地蔵が有る、、昔の貧しい村の時代
間引かれた赤子の供養地蔵様、、何時も綺麗なべべを着ている、
何方かがお世話をせれているのだろう、、
画像

近辺には、まだまだ、見所などが沢山ありますが、檜枝岐に行った時
私が必ず訪れる所です、、
檜枝岐温泉には、旅館は三軒、民宿は30軒程、有るようです、
立ち寄り湯(日帰り入浴)も三か所、柔らかないいお湯に入れます
静かな山間の温泉地、、秘湯ブームの賑わいは、昔の話とか、
ゆっくりした時間が流れる南会津、、温泉に入って、素朴な
お料理を頂いて、、リフレッシュしてみては、、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック