一人温泉めぐりの写真旅、、写真

 23日朝7時、新白河駅前の東横インを出る、新幹線の駅ですが
人も少なくローカルな雰囲気、にょきっと建つ東横インのビルが駅前の
賑わいの雰囲気を醸し出す、、
DSCF3833.JPG
予定外ですが東横インから20分ほど車を走らせ、小峰城に立ち寄る、
美しいお城だ、、1340-1369年、小峰の丘に城を構えたのが
このお城の始まりとか、、
F42A0522.JPGF42A0533.JPG
朝、緑の芝生が清々しい、お散歩されていたご婦人ベンチで一休み、
妙に美しく目に入る、、
F42A0528.JPG
「綺麗なお城ですね、、お散歩ですか、、」と声をかけた、
「毎朝の日課よ、、」屈託のない笑顔に心やんわり、、
お城を後に、まあ長閑そのままの道、国道294号をゆるりと走る、
DSCF3836.JPG
緑豊かな田園風景を愛で山間を走り抜け猪苗代湖湖南へ、
あいにくの曇り空に湖がくすむ、、これもまた一興の風景か
F42A0535.JPG
晴れていたら、湖の向こうに磐梯山が見えるのですが、
ややガッカリしていたのですが、小さな駐車場の片隅に
淡い色の綺麗な紫陽花が、、私、この紫陽花に恋しました
F42A0536.JPG
良~く見ると、この紫陽花に恋をしている、カエルや昆虫達も
居ました、、恋敵です、、どれもピンクの紫陽花に、、
F42A0538.JPGF42A0540.JPGF42A0541.JPG
美しい湖は見えなかったが、美しい紫陽花には会えた
どんよりした空、湖岸の道を走り、五色沼へと車を走らせる、
DSCF3842.JPGDSCF3843.JPG
湖岸の道ですが、こんな山間も走ります、、湖岸道路です
猪苗代の町に入る頃、、空は晴れて太陽が、、
DSCF3848.JPG
11時、五色沼の駐車場に着いた、、コロナのせいでしょうね、
駐車場も空きが沢山、人も当然少ない、、観光地は大変だ
ここからトレッキングシューズに履き替え、五色沼自然探勝路の
往復8キロをカメラを手に歩く、、
IMG_0444.JPG
まずは定番の毘沙門沼、、ボートが数隻、、長閑だ、、
F42A0547.JPG
さて、これから沼めぐり、、まずは青ですけど赤沼です、、
F42A0559.JPG
みどろ沼、、それらしい雰囲気、、F42A0562.JPG
青沼、、美しい色合いでした、、F42A0574.JPGF42A0576.JPGF42A0585.JPG
柳沼を見て、再び4キロの道を戻る、、鬱蒼とした木立の中
うらじろが群生している、
IMG_0447.JPG
時間は14時半、毘沙門沼に戻る、売店でお土産を購入、、
遅い昼食と休憩、歩き疲れました、、
ここからお宿までは車で40分程、蒸気が登る野趣あふれる温泉風景、
F42A0594.JPG
お宿の前にはお地蔵様、、IMG_0452.JPG
手を合わせて、新野地温泉「相模屋」さんへ、、
DSCF3849.JPG
DSCF3864.JPG
濁り湯を頂き、疲れた体と足、、癒します、、

24日は快晴、9時にお宿を後に達沢の不動滝へ車を走らせる、
青空に木々の緑のコントラストが美しい、お宿からは30分程で
滝の入口に到着、
IMG_0458.JPG
10分程歩いて不動滝へ、、途中の木、石を抱え込んで根を張る、
IMG_0459.JPG
逞しい、、見ようによっては凄まじい光景、
対照的に優雅な滝の情景、、
F42A0602.JPGF42A0603.JPGF42A0604.JPGF42A0617.JPG
4秒のスローシャッターで数カット、、
滝を後に県道、高速道を走り継ぎ、三春の高柴デコ屋敷へ、
数百年の伝統を守る四軒の工房、張り子の人形、お面、
三春駒(馬)を作りつずけている、
F42A0627.JPGIMG_0465.JPG
IMG_0463.JPG
達磨さんと招き猫さんのウエルカムで中へ、心が浮き立つほど
色とりどり、、許可を頂いて数カット撮らせて頂きました、
三春から国道、県道で小野町へ、、美人さんの町、小野小町の
生まれたところとか、、
ここから磐越東線、夏井川沿いを走り、いわきの白水阿弥陀堂へ、
磐越東線を縫うように走る磐城街道、10回位は踏切を渡る、
撮り鉄には格好の場所かも、、
夏井川、綺麗で長閑な川も、昨年の台風の大雨で護岸が崩れ、
川は氾濫、流木やごみが川沿いの木々に引っかかったまま、
この川の優雅さは無い、、それにしても、この木の高さまで
水が上がって来た事に、、ただ愕然とした、、
15時いわきの白水阿弥陀堂(国宝)に到着、その凛とした佇まいに
安らぎをも感じる、、美しい、、
F42A0632.JPGF42A0634.JPG
境内のお地蔵様に手を合わせた、、
F42A0636.JPG
境内の池は浄土の趣、、鯉が人を見ると寄って来るのですが、
今、餌を持っていません、、鯉さんごめん、、
F42A0638.JPG
池には、蓮の花が、、美しく咲いていた、、
F42A0642.JPGF42A0643.JPG
阿弥陀堂を後に塩屋崎灯台へ、30分程で灯台に到着、
F42A0654.JPG
灯台までの階段をヒイヒイ言いながら登り、灯台の中の階段
103段を登り、、汗だくです、、私、高所は苦手、、
薄磯海岸をワンカット、、すぐに下へ、、
F42A0653.JPG
塩屋崎灯台、映画「喜びも悲しみも幾年月」の原点になった灯台、
美空ひばりの「みだれ髪」の歌詞にも出てくる、塩屋の岬、
灯台のふもとに、ひばりさんの記念歌碑があります、
F42A0647.JPG
今も来る人が絶えない、、凄い歌い手さんですね
これでお宿へと思って車を走らせたのですが、、道沿いに賽の河原の文字
その場所へ行ってみた、、
F42A0657.JPG
東日本大震災鎮魂の碑、幼くして亡くなった子の弔い地蔵さん、
IMG_0471.JPGIMG_0472.JPG
F42A0658.JPG
胸がつまり、涙腺が緩みました、、
IMG_0474.JPG
この石仏様を見た時、、何とも言えぬ感慨を覚え涙が、、
この地を襲った惨状、、如何ともしがたい自然の脅威、
忘れまじ、、合掌
気を取り直し今日のお宿、いわき新舞子ハイツへ16時半着
25日は天候不良、今日は25日のスケジュールも熟しました、
急ぎ旅になってしまいました、、

25日、天気予報の通り雨、それも土砂降り、、早めに朝食を
頂き、7時半お宿を出る、、いわき中央インターから常磐道へDSCF3912.JPG
靄に煙る高速道、、旅を振り返り車を走らせた、
DSCF3924.JPG
我が家へは11時着、、今回の一年一度の大きな楽しみ、一年大楽
贅沢な時間を過ごさせて頂きました、、感謝
撮った写真を確認、整理して今回の旅は終える、、
次回は8月、上さんとの二人旅、、近間の温泉が上さんの
リクエストです、、さて、宿探し、、
乱文誤字脱字ご容赦下さい、、
皆さご自愛されお過ごしください








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

小枝
2020年07月29日 12:14
スローシャッターでとらえられた滝のお写真
たいへん美しく見入ってしまいました。
kencat
2020年07月29日 19:40
小枝様
 コメント有り難うございます、達沢の不動滝は二度目でしたので
撮り方を決めていきました、お目汚しにならなければ幸いです、
何時も写真旅に出て思うは、思いもかけない情景に出会えて、
カメラのシャッターを切る事、今回も数枚有りました、、
だから、写真旅はやめられない、、!!
ご自愛ください!!