テーマ:陶芸

陶芸、、作ったのはいいけれど、、

 陶芸台の上に出来上がった器がならぶ、、 幾つかの器は作品発表会に取っておくのですが、、 これらは私の作品棚に収めますが、、数客です 器が出来ると一つの悩みが毎度、発生する、 作ったのはいいが、、その先が無いのです、{%がく~(落胆し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、窯出し

 連日、35度を超す猛暑にクーラーの効いた部屋で12日は家籠り、 猛暑の11日、日陰を作り炎天下の釉掛け、窯入れとの数時間の作業、 体中の汗が噴き出てくる、、水分を小まめに取りながら、時折、 体の水を浴びせながらの作業、、疲れました 11日の激務{%exclamation&questiondocomo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、本焼き

 陶芸の工程は大雑把に言えば、、成形、乾燥、天日乾燥、素焼き、 施釉、本焼きとなる、絵付けをする時は素焼き後、本焼き後にする ケースが有る、 今日は素焼きを終えた器の本焼きをする、素焼きした器です 釉薬を着けてはいけない所に釉抜き剤を塗ります、 余計な所に流れると釉薬が着きませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、素焼き窯入れ

 ツーリングから早めに戻り、素焼きの窯詰をした、汗だくです 私の陶芸窯は40×40×40センチの5面を電熱線が覆う、趣味のパーソナル窯、 こんな陶芸窯です 今日は下段に鉢物他、 棚板を一段たして2段目は椀物他、 窯詰の器の量はかなり軽めです、素焼きは器同士を重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、器作り

 八月に入って梅雨明け、そして猛暑、、 仕事を終えて我が家に戻り、お風呂に入り晩酌&夕食を頂く、 ほろ酔い気分に疲れが重なり、、その後は早めのベットへ 趣味にも手が届かず、、この暑さに、その勢いも打ち消される、 昨日は陶芸サークルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季休暇の過ごし方、、まずは器作り

 今年の夏季休暇は8日から16日までの9日間もある、 少しばかりの出かける計画、9日間の過ごし方も考えたいが、 コロナ騒動でやはり外出自粛は心がけねばならない、 なんとも、すっきりと纏まらない 休み中に成形した器の本焼きをする事にした、その準備を始めた 本焼き前の器の天日干しをし、施釉する釉薬を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、仕上げ

 曇天に蒸し暑い空気、いや~梅雨そのものの天候 昨日下ごしらえした抹茶碗とぐい吞みの堀と削りに適した硬さになった、 ぐい吞みは高台を削りだし、水拭きで完了、、 次は抹茶碗の高台の削り出す結構細かな神経を使う作業です、 お茶碗の個性が出るところかな{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、ぐい吞み

 小雨交じりの曇天、久しぶりに土曜日を我が家で過ごす、 この鬱陶しい天気、じっとしていると気持ちが淀みそう、、 アイスコーヒーを手に、私の陶芸処「悠陶里処」へ、、 抹茶碗一客とぐい吞み三客の下ごしらえをした、 久しぶりの粘土を手にした、、気持ちが乗っていたのか、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステイホームにて趣味三昧

 雨のち曇りそして晴れ、、土曜の休日もステイホーム 私の陶芸処「悠陶里」でお抹茶碗を下ごしらえした、 使った陶芸道具は、手轆轤と私の手、これだけの道具です、 今日は再生粘土(白御影と赤土のブレンド)と備前土1:1の 割合の粘土、、 信楽焼きの本にあった形を参考に下ごしらえしました、 使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、蓋物作り

 部屋の湿度は67パーセント気温は25度、、麗らかな春から 梅雨、初夏へと時間が動いて行く、、 コロナウイルス騒動で陶芸クラブで利用する公民館が閉鎖のまま、 陶芸クラブのメンバーとも2か月程、会えていない 外出自粛になってから、自宅の陶芸処「悠陶里」での時間が 急増です、、今日は蓋物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、徳利型花器

 笠間や益子に行くと多くの方が器を見ている、陶器は人を 引き付ける魅力がある、、 食卓を飾りお料理を引き立てる、花器に飾られた花は 家の中の彩を添える、、器に限らず陶器の用途は広い、 陶器は人気はあるが、陶芸(器作り等)はなかなか親しまれない 何故かな、、陶芸道具他で入りずらい趣味なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、ミニ花器

 毎週水曜日は公民館で陶芸クラブ日ですが、コロナ騒動で公民館の 閉鎖が続いている、 出来ないと、やりたくなるのが人の性でしょうか、、 我が家の陶芸処でいきなり粘土を手にしだした 大鉢の作陶からお抹茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、ビアカップ

 外出自粛で持てあます時間、、やはり粘土に向かう、 今日は、私使用のビアカップを作陶した まずはパーツなどの準備、、 型となる段ボール筒に新聞紙を巻いておく、新聞紙を巻く訳は、 型となる段ボール筒を抜きやすくするためです、 粘土の接着剤のドベを作る(ドベ=使用する粘土を水で溶いたもの) 次に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、抹茶碗

 昨日、下ごしらえした抹茶碗、表面のひび割れはそのままに、 生かして堀と削りをした、、 まずは高台を削り出す、ちょっと経験が必要な作業、お茶碗の一つの 見所でもある、 作陶する方の個性が出るところかな 外側はひび割れを残すので殆ど手を入れない、 お茶碗の内面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、秋刀魚皿

 新型コロナウイルス感染症の騒動で所属の陶芸クラブで 使用する公民館が5月中旬まで閉鎖される、、 メンバーとも、もう一か月近く顔を合わせていない、 外出自粛でアウトドアーのバイクツーリングにも出られない、 バイクは一人乗車、人ごみを避ければいいかな、、とは 思うのですが、、やはりここは自粛だな
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外出自粛、、こんな日は陶芸

 外は雪が深々と降る、、外出自粛する、それに相応しい天気 深々と降る雪の趣を味わいながら、陶芸処「悠陶里」で器作り、 昨日、下ごしらえしたお茶碗を手轆轤に添えた、 初めは高台作り、、ちょっと作陶経験が必要な作業、 高台を削り出したら、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、器作り

 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けて公民館は閉鎖、 毎週水曜日に公民館の美術室を利用していた陶芸クラブも3月は休会、 4月以降も状況によっては様子見になるかもしれない 仕事を終えて私の陶芸処「悠陶里」で、昨日下ごしらえした器を仕上げた、 櫛目大鉢とお茶碗、、晩酌を忘れるほどに気合が入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、櫛目大鉢

 久しぶりにやや大きな器を作陶した、使用した粘土は白御影粘土、 1.5キロ程、、櫛目大鉢、径25センチ程、私はこんな手順で作ります、 まずは粘土をよく練り、ボール状にします、 円筒形にして手轆轤に着けます、轆轤にすえた粘土の中央に 親指を入れ、少しずつ手で広げていきます、 粘土を手や陶芸道具を使い、粘土を更に広げていき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸

 昨日と打って変わった冷たい雨が降る日曜日、 久しぶりに私の陶芸処へ、平茶碗の下ごしらえを一客と 小さな徳利形花器を作った、、時間は40分程で終えた、 片付けをしよとしていると孫娘が来て、猫を作ってのリクエスト、 器以外は殆ど作陶したことが無い私、、どう作るのかと 思い悩んでいたら、猫の顔の絵を描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、窯だし

 四か月ぶりの陶器の本焼き、、素焼きした陶器20数点、 釉薬(ガラス質の被膜を作る薬)を掛け、窯詰め、 土曜日窯詰め、14時半窯に火を入れた、今日、月曜日13時ドキドキしながら 陶芸窯の扉を開けた、窯から器等を出し、板の上に並べた、、 あ~、良くない、、作陶時の気持ちのままの上がり、 思い込みが少ない、そのまま、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸三昧の一日

 暖かな冬の一日、日差しが入りポカポカのサンルーム 下ごしらえしたお抹茶碗仕上げをした、 粘土の硬さも堀と削りにちょうど良い硬さ、気合十分 ルンルン気分で仕上げた、、いい感じで成形完了 ついでに50グラムの粘土でミニ花器を二個、無難な出来、、{%exclamation&questiondo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、只今素焼き中

 数か月の作り溜めた作品、成形、乾燥、天日乾燥を終えて、 素焼きへの準備中、お茶碗、徳利形花器など、数十点 これから素焼きをする為にマイコン制御の陶芸窯へ入れる、 窯の内寸は40×40×40センチの、パーソナルな窯、 素焼きの前に陶芸窯の中の清掃をする、張り巡らせた電熱線を点検、 異常なしを確認、 器などの素焼き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、ミニ花器、ぐい呑み&粘土の値段

 昨日は陶芸サークルの日、道端に健気に咲く花を見て、 そんな花を飾るミニ花器を作陶する事にした、粘土は50グラム (大きいビー玉位)を使う、小さな粘土を手轆轤据えて、 この粘土の塊を袋状にするのは、やはり難しい、、 何とか1個は出来たのですが、2個目は思うようにあがらず 変形させて誤魔化した、、{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、優しいお茶碗

 台風19号、甚大な被害を各地に残して行った、 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 この三連休、信州への温泉めぐりの写真旅を予定していましたが、 出発四日前、お宿をすべてキャンセル、旅を中止した、 出ていたら道路は通行止め、寸断で予定の日(今日)には 帰れなかった、、 台風の前日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸

 昨日は真夏日、今日は小雨が降る肌寒い日、 表遊びはNGと言う事で、粘土遊び(陶芸)、NHKの朝ドラは 女性陶芸家の物語、、一時の陶芸ブームも消え去り、本屋の書棚にも、 陶芸関連の本は無い、、これでまた陶芸に光が当たるか?? そんな事はさておき、、下ごしらえした器を仕上げた、、 堀と削りを入れて、一客仕上げた、今回は直線的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、、片口鉢

 猛暑も一段落し、朝夕は秋の空気に変わった、 涼しい早朝に昨日下ごしらえをした器を作り上げた、 粘土は信楽赤土と信楽の荒目土をブレンドした、 今回は片口鉢を作陶した、、信楽風の渋い上りにと もくろんだのですが、、 形作りからやや思いと違うか、、 もっとやんわりした器を目指したのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸

 所属する陶芸クラブに三週間ぶりに出向いた、私達のクラブメンバーは 男性三人、女性二人のこじんまりしたクラブ、、少ないメンバーでですから、 皆、気心は知れている、今日はメンバー三人、私と女性のメンバーのUさんとFさん、 Fさんは電動轆轤でお茶碗を挽いている、Uさんはお皿を作る粘土の板を作っている、 私は近くの方から注文を頂いた花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸、茶碗作り

 猛暑の夏、家籠りの時間が長い、先日の早朝に下ごしらえした 850グラムのお茶碗、仕上げをするお茶碗の原型、 夕方にお茶碗の堀と削りをして仕上げた、自分の堀と削りの為の 粘土の硬さが硬くなって、、やや苦戦してしまった、 1時間程の粘土と対峙する集中時間、まずは高台作りと、 器の外側を削り整える、 それが終えると、器の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ビルの谷間の茜色

 今日は陶芸クラブの日、、久しぶりに公民館の工芸室に出向いた、 工芸室は3階、、ふと外を見ると西の空が茜色に染まっていた、 丁度ビルの間に太陽が落ちようとしている、 迫力のある茜色に、バックからコンデジを出してワンカット、 いや、、数カット、、 今日は陶芸をしに来たのです、月曜日、我が家で下ごしらえした 中鉢の堀と削りと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸

 先日に下ごしらえをした、抹茶碗を仕上げた、、久々なので やはりもたもたしてしまった、お茶碗は相当の数を熟したのですが、 アマチュアの気楽さの、いい加減さが出てしまう、、 粘土と集中する事1時間程、一客のお茶碗の作陶が終えました、 今回は楽茶碗の形を模したのですが、まるで味が無い、、
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more